小さな引越し

引越し費用を抑えるには

多くの方が引っ越しをする際は少しでも費用を抑えたいと思っています。
一番安くすむ方法はレンタカー等を借りて自力で作業することです。荷物の多い方や手間を省きたい方は引っ越し業者を利用されるかと思いますが、どの会社を利用するかによって料金やサービス等差が出てくるのでなるべく沢山の会社を比較検討するようにしましょう。

引越しのタイミング(ポ())

引越しの費用を抑えるには引越し時期のタイミングを考えます。
一般的に引越の件数が増える、3-4月、9月-10月を避けるようにして、1月2月、6月などの閑散期を狙うようにしましょう。正月はサラリーマンのまとまった休みが取れる時期ですが皆ゆっくり年を越したい人が多く、1月?2月前半まで引越の件数が少ないため比較的安価です。また値段交渉がしやすく、引越し作業もスムーズに進むでしょう。

引越し作業の時間帯(ポイント2)

引越し作業の時間帯は多くの人が明るいうちにすませたいという考えがあります。

 

そのため午前中が最も人気で予約が集中します。
「午後便」は午前の状況によって作業がずれ込む可能性がある代わりに「午前便」よりも価格が安いです。

 

3000円〜5000円くらいは値段に差が出てくるようです。

 

また、午後便のデメリットとして開始時間が遅れる以外に終わりの時間が夕方以降になることや作業員さんによってはその日2件目の作業の方だったりすると作業効率が悪くなる傾向にあります。

引越し作業時間の短縮(ポイント3)

引越業者の作業の時間を減らしてあげる事で費用をぐっと抑えることもできます。
荷物は不用品等を処分し、少なくまとめたり、大きな家具は分解し梱包迄しておくと効果的です。

 

また、引越業者が実施している「節約プランを」利用する事をおすすめします。
引越業者が運びやすいようにドア付近に大きてく重たい物から順に並べて置くと作業がスムーズです。

 

引越業者の搬出、搬入作業を手伝ったり、引越し後の荷造り、紐解きなどは自分でするなど
引越業者に頼む部分を少なくする事がポイントです。

見積りサイト有効活用(ポイント4)

一社一社へ連絡して見積もりを取るのは大変なので、見積もりサイトを上手に活用しまししょう。

 

引越し見積もりサイトはインターネットで複数の引越業者に
一括で見積もりを依頼する事が出来るので、
他社との料金やサービス等の比較を簡単にする事ができます。

 

ミニ引越し専用プランや、小さな引越しが得意な引越し業者を探す!

ミニ引越し

引越し価格ガイド】は100社以上に引越し料金を無料で一括見積もりするので、
  ・引越し地域が特に得意な業者
  ・ミニ引越しプランを専用で用意している業者
  ・引越し予定日に一番好条件を出せる業者
をすぐに見つけ、荷物の量や距離に合わせた引越し料金の相場チェックや比較がカンタンです。
さらに申込みすると、最大50%も引越し料金が割引になることも!
入力作業は約2分。引越し場所や予定が完全に決まっていなくても大丈夫です。

ミニ引越し料金が50%割引に!?

引っ越しの計画性で節約(ポイント5)

引越しは計画的に行ったほうが得です。
自分で出来る事はすべて行って、前日までには荷物をまとめておくことが大前提です。

 

とくに一人暮らしの場合は兄弟や親友の力を借りて引越し準備に備えましょう。
引越しに関係するさらなるさらなる節約術は以下の通りです。

 

ここまでやるか!な具体的な節約術は?