小さな引越し

小さな引越しだから節約したい

引越し費用のムダ遣いをチェック!

小さい引越をするならまずは見積もり


いろいろな引越し業者から、

自分の引越日時・荷物の量・距離や地域に合った引越し業者を選び、

小さな引越しを得意とする引越し業者を選ぶことが一番大切です。

小さな引越し 少量の引っ越しに、通常と同じ引越しの料金を払うのはもったいない!
小さな引越し テレビやベッド、冷蔵庫に洗濯機など大きい荷物だけを引越し業者にお願いしたい!
小さな引越しなら5万円もあれば十分な場合がほとんどです。予算を決めて、そこから無駄な費用を節約しましょう。
ミニ引越し専用プランや、小さな引越しが得意な引越し業者を探す!

引越し価格ガイド】は100社以上に引越し料金を無料で一括見積もりするので、
  ・引越し地域が特に得意な業者
  ・ミニ引越しプランを専用で用意している業者
  ・引越し予定日に一番好条件を出せる業者
をすぐに見つけ、荷物の量や距離に合わせた引越し料金の相場チェックや比較がカンタンです。
さらに申込みすると、最大50%も引越し料金が割引になることも!
入力作業は約2分。引越し場所や予定が完全に決まっていなくても大丈夫です。

小さな引越し料金が50%割引の裏ワザ!?

小さな引越しプラン

“ミニ引越しプラン”などという名前で小さな引越し専用サービスを行っている引越し業者があります。
小さな引越しといっても、単身赴任専用だったり、距離が短いだけだったり、その内容によって選ぶべき引越し業者が変わるので注意が必要です。

クロネコヤマト おまかせフリー割サービス
運ぶ家具が少なく近距離(50Km以内)の住み替え引越しサービス。
通常サービス基本料金の半額割引適用。
アリさんマーク 小さな引越しプラン
学生や単身赴任、社会人一人暮らし向けのサービスとしてミニ引越しプランを提供中。
ダック引越しセンター 家具だけプラン
自分で運べない大型家具(たんす・食器棚・冷蔵庫など)のみを運送。
福山通運 ミニ引越し便
全国対応で1箱から申し込み可能。トラックを使うほど多くない人向け。
宅急便の引越しバージョンのようなイメージ。
グッドラック引越し ミニ引越しプラン
家具1点から引越しサービスの対応ができる。単身赴任のサラリーマンや学生用。ダンボール10個分で5,000円。
Qカーゴ 単身引越しミニプラン
家具を引越し先で新しく買いなおす人向け。ダンボール10箱・家電2つで都内同一区内8400円〜。

小さな引越しどの引越し業者が安くなるか無料でチェック − おトクで賢い引越し選び!

小さな引越しで無駄を抑えるなら、荷物まとめ方が決め手

ダンボールは小さいものを避け、形をそろえること

ダンボールの大きさが不揃いだと、荷物をトラックなどに積んだ際に無駄なスペースが生まれ、荷物を一度に運べる量が少なくなってしまいます。その結果、大きいトラックを利用すれば引越し料金が上がる理由になってしまいます。

 

また、ダンボールが小さいと、荷物を運ぶ回数が増えて、引越屋さんを拘束する時間が長くなる原因になります。時間が長くなれば追加料金が発生する恐れも・・・。
ダンボールは小さいものを避けて、大きさ・形を揃えましょう。ダンボールを無料提供してくれる引越し業者もあります。

 

自分でも荷物を運ぶことができ、最低限を引越し業者にお願いする場合の注意

通常の引越をお願いする契約では、引越し中に荷物を破損した場合の損害賠償について取り決めされており、荷物を破損された場合、全額とは言わないまでも一部賠償してくれることが普通です。
そのため、自分で運ぶ荷物は破損することのない衣類などにして、破損する可能性があるものは引越し業者に依頼するというのも重要です。
たとえばテレビを自分で運んでいる途中に落として壊した場合、誰も賠償してくれませんが、引越し業者が破損した場合には賠償される可能性が高いです。

小さな引越し:ちょっとした一言で値引き?!

インターネットで一括見積もりサービス(無料)を使って、そこで分かった引越し料金の相場を元に、実際に相談する引越し業者を決めることをオススメ(引越し価格ガイド見積り)しています。
小さな引越しの場合、引越し業者によっては大きい引越ししか取り扱わないところもあれば、地域密着型で少量の引越でも積極的に受けてくれる中小業者もあり、大手だけではなく多くの会社から自分の条件に合う引越し業者を見つけることが大切です。

 

ウェブの無料一括見積もりで安い引越し業者を選ぶ

100社以上から、日時・地域・荷物量など自分独自の条件でどの業者が安いか比較できる無料見積もりを利用します。
入力は2分程度で、最大50%ネット割引になるなどもあり引越し料金をいっそう安く抑えることができます。
見積もり入力するとき、荷物は最小限だけでまず見積もれば、引越料金の最安値の水準が分かるため便利です。

料金が50%割引の裏ワザ!?>>

引越業者2社を選び、実際に話してみて最終決定する

引越料金の比較で安かった2社〜3社を選んで連絡します。
チェック事項は
 ・荷物が増えたら、料金がどのくらい増えるか
 ・荷物が壊れた場合の対応はどうなるか
 ・ダンボールの準備や回収は行ってくれるか
などを話題にして、いろいろ話してみましょう。
また、最後に割引や追加サービスの余地を探りましょう。

見積もりで最安だった引越し業者には → お宅と同料金がもう1社あり悩んでいるんだけど・・・
2番目の引越し業者 → 実はもう1社安い引越し屋さんがいるけど、お宅の方が対応がいいので正直悩んでいる・・・など

最後にはそんなに料金に差が出ないと思いますので、対応がよく、頼みたいと思ったほうに頼みましょう。

おトクで賢い引越し選び!>>

これだけはNG! 引越あれこれ

レンタカーを借りて全て自分で引越し

もし冷蔵庫やTVを運搬中に落としてしまっても誰も賠償してくれません。
また、大きいものを運んで、マンションの廊下やエレベーター、壁を壊してしまう恐れもあります。
防護材や毛布を持っている百戦錬磨の引越屋さんに最低限お願いしてリスクを回避することも大切です。

 

引越し大手だけから選ぶ

引越し大手であれば安心と思っていませんか?大手はアルバイトも多く雇うこともあり(季節などによる)、いつもコンビであうんの呼吸で作業をしている中小の引越屋さんの方が安いし、早いしということもよくあります。まずは大手・中小なるべく多くの引越し業者から見積もりを取って選びましょう。

 

とにかく安い引越業者を選ぶ

引越しは自分の新しい生活に必要な大切なモノの運搬をお願いするサービスです。安さだけで選んで、大切なモノを乱暴に扱われたのではたまりません。始めはネットの一括見積もりなどで安い引越し業者を何社か見つけたら、最後は実際に話したときのサービス・対応などを考えて、大切なモノを運んでくれる人を最終決定しましょう。

ミニ引越し専用プランや、小さな引越しが得意な引越し業者を探す!

引越し価格ガイド】は100社以上に引越し料金を無料で一括見積もりするので、
  ・引越し地域が特に得意な業者
  ・ミニ引越しプランを専用で用意している業者
  ・引越し予定日に一番好条件を出せる業者
をすぐに見つけ、荷物の量や距離に合わせた引越し料金の相場チェックや比較がカンタンです。
さらに申込みすると、最大50%も引越し料金が割引になることも!
入力作業は約2分。引越し場所や予定が完全に決まっていなくても大丈夫です。

小さな引越し料金が50%割引の裏ワザ!?

現住所の郵便番号 - 〒郵便番号検索
引越し先の都道府県
引越しタイプ